入れ歯


 
● 総入れ歯(総義歯)


総入れ歯(総義歯)

大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。
総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。

「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことでき、食事も問題なく楽しむことが出来ます。

 
● 部分入れ歯(部分義歯)

部分入れ歯(部分義歯)

失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。
上下ともに健全な状態の歯が一本でも残っていることが条件となります。

取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。

 
 ミラクルデンチャーとは

新しいミラクルデンチャーが誕生!入れ歯の世界が変わります。

軽くて小さく、入れ歯とは思えないミラクルフィット!見た目もスッキリ、快適な入れ歯です。

全てが樹脂でできており、金属部分がありませんので、24時間気持ちよく装着できます。

ミラクルデンチャー①
ミラクルデンチャー②

 
● ミラクルフィットの特性

床が小さいこと。

ウィングと称する部分がないこと。

24時間装着が可能なほど、違和感や
歯牙に対する圧迫感が無いこと。

チェアーサイドでの修理、調整に関するノーハウ(ミラクルメソッド)が完成していること。

金属部分が無いので、ミラクルメソッドを理解できると調整・補修が簡単なこと!
(※症例によっては一部金属を見えないように利用する場合があります。)

残存歯を保護し、傷めにくいこと。


▲ページTOP

© 2015 八木山歯科